日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

ストラップヤの「ネクストエンジン」が決済のペイジェントと提携

EC事業者の業務軽減、作業効率の向上につなげる。

携帯電話用ストラップのEC会社、StrapyaNext(ストラップヤネクスト、本社神奈川県小田原市)はこのほど、販売する業務管理システムと、ペイジェント(本社東京)の決済システムを連携させた。ペイジェントの決済サービス利用者は、ストラップヤの業務管理システム上で受注や決済などを一括管理できるようになる。EC事業者の業務軽減、作業効率の向上につなげる。

受注管理システム「ネクストエンジン」が、決済サービスと連携したことで、両社のシステムを利用するEC事業者は、「ネクストエンジン」上で自社サイトに加え、楽天やヤフーなどのモール店のEC関連業務が一元管理できるようになる。各サイトの入金作業もシステム上で一度に確認できる。

ストラップヤは今回の提携で、「ネクストエンジン」の利用者に決済代行サービスも提供できるようになった。ユーザービリティの拡充により、現在550店のシステム導入社数の拡大につなげていく。ペイジェントのシステム導入は4000店舗超。

・Next-Engine(ネクストエンジン)
http://www.next-engine.jp/

・株式会社ペイジェント
http://www.paygent.co.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]