日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

任天堂と千趣会 ネット通販「Wiiの間ショッピング」 無料動画配信で商品紹介

wiiをネットに接続して利用できる動画配信サービス内。リモコンや電話で注文を受ける。

任天堂(本社京都市)は11月1日、千趣会(本社大阪市)と共同で据置型ゲーム機「wii」を使ったネット通販を開始した。wiiをネットに接続して利用できる動画配信サービス内に商品を紹介。リモコンや電話で注文を受ける。テレビモニターを使って24時間買い物ができる環境を提供することで任天堂はwiiの市場を活性化するとともに、千趣会は新たな市場を開拓する。

動画配信サービス「wiiの間」内に、「wiiの間ショッピング」を開設した。「wiiの間ショッピング」はオリジナル商品に加え、モール形式で参加する出店企業の商品で構成。開始時の出展社は千趣会、千趣会イイハナ、シャチハタの3社。今後、三越伊勢丹ホールディングスなど複数社が出店する予定。

運営するのは任天堂の子会社であるwiiの間(本社東京)と千趣会。オリジナル商品以外に食品やファッション、家具など常時1万点以上を紹介する。決済はクレジットカード、コンビニ先払い、代引き。

wiiは「取り巻く人々を笑顔にする」ことを目的として06年12月に発売。任天堂によると普及台数は約1070万台、ネット接続率は約40%、リビングにあるテレビへの接続率は約85%、1台あたりの家庭内ユーザー数は3・4人となっている。こうした「お茶の間におけるコミュニケーションツール」として浸透しており、ECを家族で楽しんでもらうツールとして最適と判断。任天堂と千趣会が共同でショッピング環境の開発を行ってきた。

・Wiiの間ショッピング
http://www.wiinoma.co.jp/shopping/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]