日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

グーグル アドワーズ10周年、ユーチューブ連動の展開強化も

アドワーズの広告主は、09年に全世界で100万件を突破
よろしければこちらもご覧ください

米グーグルは10月7日、自社で提供する検索連動型広告「グーグルアドワーズ」のサービス開始から10周年を記念した発表会を都内で開催した。

アドワーズの広告主は、09年に全世界で100万件を突破しており、日本国内の売上規模(非公開)も「さらなる成長が期待できる」(製品管理部門ディレクターのニック・フォックス氏=写真)と、現状の認識を示した。自社の動画共有サービス「ユーチューブ」と連動した広告展開の強化などで、より広告主の利便性を高めていく方針も明らかにした。

グーグルアドワーズは、表示したいキーワードに入札し、一定の基準に達した複数の広告主が落札できるという仕組み。この基準は、「品質スコア」という独自のCTR(クリック率)が決め手となっており、価格よりも、どれだけユーザーに関連性のある広告が表示されるかが重視されている。国内の和菓子やお米のネットショップなどの成功例を紹介した。

・Googleアドワーズ広告
http://www.google.co.jp/adwords

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]