Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

インデックス状況とPageRankスカルプティングの効果の関係

ページ

よろしければこちらもご覧ください

インデックス状況とPageRankスカルプティングの効果の関係

インデックス化率を基準にPageRankスカルプティングの効果を示すグラフ

先述のSMX Eastで僕が参加したPageRankスカルプティングに関するパネルディスカッションでは、6人のパネラーがこの話題について独自の意見を披露した。このパネルでは、PageRankスカルプティングの細部について意見の一致を見出すのは難しかったが、ほぼ意見が一致したこともあった。「PageRankスカルプティングは主として、主要インデックスに取り込んでもらいたいのに全然インデックス化してもらえないページがあるサイトに役立つ」という点だ。

この簡単なグラフはその原則を図示したもので、比較して言うと、PageRankスカルプティング(nofollowを使ったやり方、リンクの厳選、リンク統合など、どのやり方でもかまわない)で実際に効果が得られるのは、検索エンジンのインデックスに取り込まれていないページがあるときだけだということを示している(詳しくは最近のこの記事を参照)。

インデックスに登録されているページの割合が0~20%のときの効果を低くしている理由は、通常この時点では受け渡すべきリンクジュースが不足していて効果が出ないからだ。まずはこの壁を乗り越えてから、リンクジュースをサイト内のどこに流してページをインデックス化させるかという問題に取り組む必要がある。

サイトの規模とXMLサイトマップの効果の関係

XMLサイトマップの価値を示すグラフ

PageRankスカルプティングと同様に、XMLサイトマップもある状況においては(それから、興味深いことに、検索エンジンによっては)効果が大きくなる。僕の経験から言うと、マイクロソフトのBingはグーグルと比較して、XMLサイトマップファイルに記載されているページを少し有利に扱うけれど、URLの数が多い場合は、どちらの検索エンジンでも効果が大きくなる。

ここにヤフーを入れていないのは、サイトマップの扱いで一貫した結果が出ていないためでもあるし、それに今から8~10か月もすれば、Bingとグーグルの2つの検索エンジンしかない世界でSEOをやることになるという強い予感があるからだ。

追伸:いつものように、グラフは僕個人の意見と経験から作ったものだ。遠慮なく意見や批判をコメント欄で共有してほしい。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アフィリエイト
広告商品の一種。 第三者のブロガーやメディアに商品の宣伝や販促をしてもらい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]