初代編集長ブログ―安田英久

米国2007年広告費は2兆1200億円、SEMが41%、成果報酬型が51%

Web担のなかの人

米国インターネット広告協会が発表した情報によると、2007年のインターネット広告費は、ネット広告全体で212億ドル(約2兆1200億円)。対前年比126%と好調な伸びを示しました。

http://www.iab.net/about_the_iab/recent_press_releases/press_release_archive/press_release/299609?o12499=

広告種別ごとの内訳は以下のとおり。

検索広告41%
ディスプレイ広告21%
リッチメディア 8%
リードジェネレーション 7%
デジタルビデオ 2%
電子メール 2%
協賛 3%
案内広告/オークション16%

この種別ごとの内訳は、少し読み方を解説しておいたほうがいいだろう。

  • 「検索広告」には、検索連動型広告、コンテンツ連動型広告のほか、SEO費用や、ペイドインクルージョン(検索エンジンに確実にインデックスしてもらうための費用)が含まれる。
  • 「リッチメディア」とは、動きやインタラクションのあるFlashなどの広告。
  • 「リードジェネレーション」は、見込み客の個人情報を得ることに対する対価を支払う場合で、多くは成果報酬型。
  • 「協賛」は、特別なマイクロコンテンツや協賛ロゴの場合もあり、必ずしも広告として表示されるわけではない。
  • 「案内広告/オークション」は、特定の製品やサービスに関する情報を掲載する類の広告で、求人広告、不動産広告、オークションベース、電話帳などが含まれる。

種別ごとに対前年比を見てみると、次のとおり。

リッチメディア143% ※
(+デジタルビデオ:179% ※)
検索広告129%
協賛125%
電子メール125%
ディスプレイ広告120%
案内広告/オークション112%
リードジェネレーション110%
※デジタルビデオは2006年のデータではリッチメディアに含まれていた

すべての種別でプラス成長になっていることも特徴だが、リッチメディア(+デジタルビデオ)の伸びが大きいことがわかるだろう。日本でも伸びが期待されるリードジェネレーションサービスの伸びが大きくないことは気になるが、これは、インターネット広告費全体を牽引しているのが消費者向けの広告(全体の55%)だという点が影響しているのだろう。

最後に、支払い形式別の内訳を見てみよう(かっこ内は対前年比)。

表示回数ベース45%(118%)
クリック課金などの成果報酬ベース51%(136%)
組み合わせ型 4%(100%)

インターネット広告の役割として、検索広告や案内広告による「刈り取り」が引き続き強いなか、特に動画やインタラクティブな広告によるブランディングにも多く費用が投じられている状態のようだ。

この記事は、メールマガジン「Web担ウィークリー」やINTERNET Watchの「週刊 Web担当者フォーラム通信」に掲載されたコラムをWeb担サイト上に再掲したものです。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]