Product Showcase

SiteCatalyst サイトカタリストオムニチュア株式会社

SiteCatalyst
サイトカタリスト
オムニチュア株式会社
http://www.omniture.jp/products/web_analytics

思いつくことはなんでもできるアクセス解析ツールの王様

提供形態
  • ASP型
解析方法
  • ウェブビーコン型

あなたの管理をしているサイトが大規模だったり、グローバル企業で何言語もあるサイトだったり、サーバーが何か所にも分かれていたり、多数のドメインから構成されているのなら、最初にこの「SiteCatalyst」を検討しよう。なにせ、SiteCatalystはアクセス解析ツールの王様なのだから。

ただし、導入コストは相当高い。ページビューによる課金のため、ページビューが上がるにしたがって単価はお得になるが、少なくとも個人で導入できるような金額ではない。運営予算が小さなウェブ担当者の方は、見なかったことにしよう(残念だが)。

米国生まれで2005年に日本にやってきたこのツールは、米国人なら誰でも知っている有名サイトで軒並み採用されている。だから、アクセス解析で知りたいことほとんどは何でも表示できる。かゆいところに手が届くというのはこのことだ。

また、ウェブビーコン型なので言語数が多かろうが、ページ数が多かろうが、サーバーがバラバラなところにたくさんあろうが、そんなことはおかまいなし。ページごとに打つタグに手を入れていけば非常にきめの細かい解析ができるし、手を抜いてもそれなりにわかりやすいレポートを出してくれる。

インターフェイスがこれまた遊び心たっぷりだ(図5)。「ダッシュボード」といって、毎日見たい指標を選んで表示させる機能があるのだが、これがクルマのダッシュボードを模したものだったり、サイト内の訪問者動線を表す樹形図が何となくおしゃれだったり。

気になる導入コストだが、オムニチュアは価格を公開していない。パートナーである、ダブルクリックやIMJなど数社に問い合わせて見積もりを出してもらうしかない。

図5 見た目も楽しいSiteCatalystの画面。
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]