Product Showcase

Google Analyticsグーグルアナリティクスグーグル株式会社

よろしければこちらもご覧ください

Google Analytics
グーグルアナリティクス
グーグル株式会社
http://www.google.com/analytics/ja-JP/

無料なのに何から何までデータが出てくる魔法の箱

提供形態
  • ASP型
解析方法
  • ウェブビーコン型

Google Analyticsは、2005年秋からグーグルが始めたサービスで、グーグルから支給される「トラッキングコード」を自社のホームページの解析対象にしたいページに貼り付ければ、アクセス解析ができるというものだ。1アカウントあたり月500万ページビューを上限として無料で利用できる。

特にアドワーズ広告を実施している場合は、アドワーズ広告の管理画面から直接Google Analyticsにアクセスできる。Google Analyticsはアドワーズ広告の投資収益率を自動的に算出できる唯一の製品で、費用データをアプリケーションにインポートしたり、キーワードのトラッキング情報を追加したりする必要がない。そして、アドワーズ広告以外の広告活動も追跡できる。

エンジンは、グーグルの子会社であるUrchinのものを使用しているが、今後UrchinにはGoogle Analyticsで好評な機能がどんどんフィードバックされていくそうだ。

レポートは「マーケティングの最適化」「コンテンツの最適化」の2つに大別されており、それぞれの下に数多くのレポートが出せるようになっている。ほとんどの「フツーのサイト」は、これらのレポートで解析可能で、ほかに特別なものはいらない。現在は日本語のほかに、英語をはじめ中国語、オランダ語、フランス語など9か国語で利用できるので、言語に限界のある他のツールよりも優れたケースがあるかもしれない。

ただし、Google Analyticsサービス利用規約をよく読んできちんと理解したうえで使うこと。「ここで得られたデータは、グーグルとその100%子会社で使用できる」という条件があるので、これが気になる場合は使わないほうがよい。

図1 Google Analyticsの最初の画面。わかりやすいページデザインだ。
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]