Google アナリティクス 4 で データをビジネスにとって価値のあるものに変えましょう | Google Analytics 日本版 公式ブログ

Google Analytics 日本版 公式ブログ - 2022年9月14日(水) 13:00
このページは、外部サイト Google Analytics 日本版 公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Google アナリティクス 4 で データをビジネスにとって価値のあるものに変えましょう」 からご覧ください。

Google は常に、お客様が持つ疑問に対して正確な答えを出すためのソリューションを構築することを優先しています。しかしながらプライバシー重視の環境では、こうした疑問への答えも、新しく革新的なものにする必要があります。それが、Google が次のような未来を見据えて革新に取り組んでいる理由です。
 1出典: McKinsey

Google アナリティクス 4 プロパティの利点

Google アナリティクス 4 は測定ツールの将来を見据えて設計された新しいプロパティであり、次の特長があります。

  • ウェブサイトとアプリの両方のデータを収集することで、カスタマー ジャーニーをより詳細に把握
  • セッション ベースのデータではなくイベントを使用
  • Cookie を使用しない測定、行動モデリング、コンバージョン モデリングなどのプライバシー管理機能を搭載
  • 予測機能により、複雑なモデルを使用することなくガイダンスを提供
  • メディア プラットフォームとの直接統合によりアクションを推進

Google アナリティクス 4 をはじめる

まだ Google アナリティクス 4 をご利用になったことがない方は、次の 3 通りの方法で Google アナリティクス 4 を導入できます。

Google アナリティクス 4 の セットアップを完了する

Google アナリティクス 4 をすでにご利用されている方でも、機能を最大限に活用するための推奨セットアップが終わっていない場合があるかもしれません。Google アナリティクス 4 は、現在だけでなく将来的な測定ニーズにも対応できる十分な機能を備えています。これまでのユニバーサルアナリティクスで以下の機能を利用していた方は、Google アナリティクス 4 でも忘れずに設定しましょう。

  1. Google 広告にリンクする お客様のマーケティング活動とユーザーとの接点(広告のクリックなど)から、お客様がサイトやアプリで設定した目標(購入やコンテンツの利用など)をユーザーが達成するまで、ユーザー行動の全体像を把握できます。
  2. Google シグナルを有効にする
    Google シグナルを有効にすると、既存の Google アナリティクス機能が更新され、広告のカスタマイズを有効のままにしている Google ユーザーの集計データが含まれるようになります。これは、リマーケティングの強化とレポート内容の拡充に役立ちます。

  3. Google 広告でコンバージョンを検証して入札する
    Google アナリティクス 4 のオーディエンスとコンバージョン イベントデータ(アプリとウェブ)を使用して Google 広告の入札単価を最適化できます。

  4. オーディエンスを移行する
    ユニバーサル アナリティクス プロパティのオーディエンスを Google アナリティクス 4 プロパティに移行すると、Google アナリティクス 4 のデータに基づいて同じユーザー グループを識別し、リンクされた Google 広告アカウントにそれらのオーディエンスをエクスポートして、同じユースケースに対応することができます。

  5. ユーザー IDの設定を行うUser-ID 機能を使用すると、自社で生成したユーザー ID を個々のユーザーに関連付けることができるため、さまざまなセッション、デバイス、プラットフォームをまたいで各ユーザーの行動を把握できます。アナリティクスでは、ユーザー ID によって個々のユーザーを判別するため、ユーザー数をより正確にカウントし、ユーザーとお客様のビジネス関係を包括的に捉えることができます。

  6. Measurement Protocolの設定を行うMeasurement Protocol を使用すると、キオスクや POS システムなどのインターネット接続デバイスからアナリティクスにデータを送信して、ウェブサイトやアプリのデータを補完することができます。

(再掲) 今後の予定スタンダード版のすべてのユニバーサル アナリティクス プロパティでは 2023 年 7 月 1 日をもって、また ユニバーサル アナリティクス 360 プロパティでは 2023 年 10 月 1 日をもって、新しいデータの処理が停止されます。それ以降は、この日よりも前にユニバーサル アナリティクスで処理されたデータに少なくとも 6 か月間アクセスできます。今後の予定については、詳細をご確認ください。 ぜひお早めに Google アナリティクス 4 に移行して、ユニバーサル アナリティクスで新しいデータの処理が停止される前に、必要なデータを十分に蓄積するようにしてください。手順については、ヘルプセンターをご確認ください。
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]