iMovieとは?初心者でも簡単に動画編集できるアプリを使い方まで解説! | VIDEO SQUARE

VIDEO SQUARE - 2021年4月15日(木) 15:53
このページは、外部サイト VIDEO SQUARE の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「iMovieとは?初心者でも簡単に動画編集できるアプリを使い方まで解説!」 からご覧ください。

近年は、スマートフォンのカメラ機能が発達し、高性能なカメラで撮影した動画が世の中にあふれています。せっかく撮影した動画をそのままにすることなく、動画編集をすることでより魅力的な動画にできたら、と考える人も多いのではないのでしょうか。IT技術の発達により、さまざまな動画制作・編集アプリが登場しています。その中でも『iMovie』とは何か、実際に使ってみたいと考えている人のためにも、この記事では初心者でも簡単に動画編集ができるアプリ『iMovie』について特徴から使い方まで解説していきます。

iMovieとは

iMovieとは、iPhoneやMacをはじめとするApple製品で使用できる動画編集アプリです。Apple製品に備わっている機能であるためわざわざほかの動画編集アプリを探す手間も省けます。つまりApple製品を持っている人であれば、だれでも無料でiMovieを使用することができます。自身のiphoneで撮った動画を編集したい、と思ってすぐ編集できる手軽さも魅力の一つでしょう。さらにiMovieを使えば、編集の専門知識がなくてもプロさながらの本格的なムービーを作ることができます。iPhoneやiPadであれば、指で操作するだけで、動画を編集することができるため、初心者でも簡単に扱えるのも多くの人に利用されている理由であるといえるでしょう。

iMovieの特徴

iMovieの特徴としては、なんといっても簡単な操作で自由自在にクオリティ高い動画編集を行えるという点です。4Kビデオにも対応しているので、映画のようなクオリティで観る人を圧倒する作品を作ることも可能です。また、iMovieにはムービーを共有する方法が多数用意されているため、周りの友人をはじめ、多くの人に共有することができる点も特徴として挙げられるでしょう。

iMovieでの連携

前述のとおりiMovieはApple製品に備わっているアプリであるため、MacとiPhone別端末同士での連携が可能です。例えば、iPhoneで撮影した動画をMacで編集したい場合もiMovieを共有することで簡単に行えます。もちろんiPadなどほかのApple端末でも連携は可能です。しかし、連携させる端末同士のiMovieのバージョンが同じであることが必要であるため、注意しましょう。

また、SNSとの連携も簡単に行えるため、撮影した動画をすぐに共有したい方や、動画編集初心者の方は特におすすめです。

iMovieの動画編集の機能について

iMovieにはクオリティの高い動画編集を可能にする機能が数多く用意されています。より多くの機能を使いこなすことで、自分のイメージ通りの動画編集を可能とさせることでしょう。ここではよく使われている機能をいくつか説明いたします。参考にする場合は前もって確認したうえで使いましょう。

動画のトリミング・カット

トリミングとは動画の一部を切り出すということを意味します。取り込んだ動画もしくはiMovieで撮影した動画の無駄な部分の削除または分割が可能です。動画の必要となる部分の始まりの地点と終わりの地点を選択することで指定された箇所の動画を切り出すことができます。クリップ(切り抜いた動画)同士をつなぎ合わせることも可能です。

テキストの挿入

動画上に好きなテキスト(文字)を表示させることも可能です。フォントと色を選び、サイズを調整。それを写真やビデオの画面上の好きな場所に配置するだけでテキストを挿入することができます。文字色、グラデーション、パターンを選択したり、表示時間を調整したり、と自由度が高いため、個性を生かした動画編集を行えるでしょう。

音楽の挿入

iMovieのオーディオ内にはBGMが内蔵されている『サウンドトラック』と 音楽素材『サウンドエフェクト』、端末に保存されているBGMなどの音楽『マイミュージック』があります。iOSの中に80以上のスマートサウンドトラックが用意されているため、動画内に挿入することで映像を引き立たせることも可能です。ちなみにiMovieに内蔵されている音楽については著作権フリーであるため、SNS等で共有する際も安心して使用できます。簡単な操作で音楽の長さを映像の長さに合わせられるため、映像だけでなくサウンドも魅力的なムービーが作れます。

フィルタの適用

10種類のクリエイティブなフィルタが内蔵されており、動画のイメージに合う好きなものを選べます。昔ながらのサイレント映画スタイル。古めかしい西部劇風のルック。未来っぽいスタイリッシュなブルートーン、などなど。フィルタの適用は簡単でそれぞれのトリミングした動画にかけることも、動画全体に一気にかけることもできます。

エフェクト(トランジョン)の追加

クリップ(切り抜いた動画)同士をつなぎ合わせるために挟むエフェクトをトランジョンといいます。iMovieではそのトランジョンを追加することが可能です。クリップ間をつなぎ合わせたり、スムーズにしたりすることができます。さらに、フェードイン/フェードアウトさせたり、クリップをほかのクリップに融合させたり、別のクリップ内にズームインさせたりすることができるなど、豊富な機能が備わっています。iMovieでは、自動的にトランジョンを追加するように設定することも、手動でトランジションを追加することもできます。

動画の保存

動画の編集が終われば、保存することも可能です。また、動画の一部を画像としても保存することが可能です。動画の品質や解像度、圧縮も選ぶことができるため、用途に合わせて保存方法を選ぶと良いでしょう。さらには音楽のみ、ビデオのみ、と選ぶことも可能です。

編集した動画の共有

動画編集が完了し、保存したのちに友人や家族に送付し、許攸することが可能ですが、YouTubeやTwitter等のSNSで共有することも可能です。動画を保存した際に投稿したいSNSサイトを選ぶことができるため。簡単に共有することができます。様々な機能を駆使し、他の人とは一味違う自分だけの動画を世界に共有するとよいでしょう。

iMovieを使うメリットとデメリット

使ってみたことのない人にはぜひおすすめしたいiMovieですが、使う上でのメリットとデメリットをご紹介します

メリット

iMovieはApple製品であれば最初から備わっている機能であり、わざわざほかの編集ソフトを探す手間がなく、気軽に動画編集にチャレンジすることができる点がメリットの一つです。また前述のとおり、標準機能が豊富で、だれでも簡単な操作によって編集をできる点もメリットです。ただ簡単なだけでなく、機能を駆使することでハイクオリティな動画編集を行うことも可能です。

デメリット

iMovieは文字を画面上に挿入する機能が搭載されていますが、形式に制限があります。またフォントの種類も他のツールに比べると少ないため、動画上でテキストを目立たせることができない点がデメリットとして挙げられます。

iMovieはWindowsやAndroidでも使える?

結論から言うと、WindowsやAndroidではiMovieは使用できません。MacやiPadなどのApple製品とOS規格がちがうためiMovieが使用できず、iMovieを使用できるのはApple製品に限られます。そのため、WindowsやAndroidでは他の動画編集アプリを使う必要があります。IT技術の発達に伴い、さまざまな動画制作・編集アプリが登場しています。IT技術の発達により動画制作および動画編集が可能なスマホアプリが多数登場しています。プロ向けのアプリから、初心者でも扱えるアプリまで混在しているため、用途に合わせて使用すると良いでしょう。スマホアプリとはいえ豊富な素材や機能がそろっているため、本格的な動画を制作することが可能です。iMovieを使用せずとも、数多くのアプリから自分に合ったものを見定めると良いでしょう。

VideoSquareの他記事では、スマホで利用できる動画制作・編集におすすめのアプリを紹介しています。

動画制作・編集におすすめのスマホ無料アプリを紹介!

iMovieで動画編集をしてみよう!

これまで説明してきた通り、iMovieは機能が豊富で、簡単な操作なため、誰にでもハイクオリティな動画をつくることができます。さらに動画編集だけではなく、保存からSNSでの共有までiMovieだけで完結してしまいます。動画編集をしてみたい!と考えている人はまず、簡単にスマホ1台から始められるiMovieでの動画編集をしてみてはいかがでしょうか?本記事で紹介した注意点も参考にし活用していくことがおすすめです。

動画制作サービスのCrevo

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、国内外約8,000名が登録している独自のクリエイターネットワークを生かして、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの公式サイトはこちら

Crevoの関連サービス

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

サービス紹介の動画制作・映像制作

インタビュー・お客様の声の動画制作・映像制作

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]