ユニクロが進めるリテールテイメント、公園+ショップやリアル+バーチャル融合の売り場作り | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2020年3月24日(火) 10:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「ユニクロが進めるリテールテイメント、公園+ショップやリアル+バーチャル融合の売り場作り」 からご覧ください。

ユニクロは3月16日、売り場と公園が融合した新型店舗「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」を4月10日にオープンすると発表した。ユニクロとジーユーの合同店舗。ファミリー層の来店を想定し、子どもも安心して遊べる、地元の顧客の憩いの場を目指すとしている。

「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」は「ユニクロとジーユーの店舗でありながら、公園でもある」という新しい店舗。売り場面積はユニクロが約2182平方メートル、ジーユーが1818平方メートル。建築家の藤本壮介氏が店舗のデザインを監修した。

ユニクロは、売り場と公園が融合した新型店舗「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」を4月10日にオープンする「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」のイメージ

住所は横浜市金沢区白帆6-5。4月10日に建て替え後のグランドオープンを予定している「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」に隣接している。

小売店に体験や娯楽などの要素を取り入れることは、小売り(リテール)と娯楽(エンターテイメント)を組み合わせた造語で「リテールテイメント」などと呼ばれている。北米などでは体験や経験を提供する場所としてコンセプトショップを出店する動きもある

コーディネート検索アプリ「StyleHint」専用売り場を原宿にオープン

ユニクロは4月22日、東京・原宿店を「リアルとバーチャルの融合を体現した最新の店舗」としてリニューアルオープンする。

ユニクロとジーユーが展開するコーディネート検索アプリ「StyleHint(スタイルヒント)」専用の売り場「StyleHint原宿」を初めて公開するという。

ユニクロとジーユーが展開するコーディネート検索アプリ「StyleHint(スタイルヒント)」専用の売り場「StyleHint原宿」を初めて公開「StyleHint原宿」のイメージ

5月15日には東京・銀座のマロニエゲート銀座2にグローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO」をオープンする予定。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:ユニクロが進めるリテールテイメント、公園+ショップやリアル+バーチャル融合の売り場作り
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

渡部 和章
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]