広告業界世界再編、次のアクション | 業界人間ベム

業界人間ベム - 2013年9月8日(日) 06:27
このページは、外部サイト 業界人間ベム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「広告業界世界再編、次のアクション」 からご覧ください。

業界を驚かせた「オムニコム×ピュブリシス」合併劇。
先日は「さて、マーティン・ソレルはどう動くか」と書いたが、当然動くのはWPPだけではない。電通もIPGもWPPに呑みこまれるよりは、お互いが合流する方が可能性がある、という記事が出ている。
 
Further Consolidation A 'Near Certainty,' Wall Street's Wieser Suggests Dentsu May Be Next
 http://www.mediapost.com/publications/article/208585/further-consolidation-a-near-certainty-wall-str.html#axzz2eEJwj3Z4


くしくも、2020年のオリンピックが東京開催で決まった。いかに裏で電通さんが頑張っただろうか。(電通さん、えらい!良くやってくれました。)ということで、いろんな意味で日本企業はエンカレッジされたと思う。そういう意味では、電通さん自身も、より積極的な(強気な)戦略に出る可能性がある。私も、どうせなら主導権を日本企業にもってもらって次の再編に挑んで欲しい。
 
 この記事の要約は以下のポイント。

次のビッグムーブメントがあるとするなら、電通がIPGとだろう、ということだ。理由は5つ。
・海外比率を高めたい、という強い動機とムーブメント
・Tim Andreがやりたがる
・Havasとでは、フランス国の占有率高さが大きすぎ(Aegisと)
・IPGもWPPとひっつくより、戦略的だ
・TimはFinancial Timesにも、コメントをコボしている

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]