【無料オンデマンド配信】広告の評価方法と作り方

Google 広告 プラチナプロダクトエキスパートであるacssemble代表の新田 真隆氏をお招きし、Web広告をどう評価すべきか、改善すべきかなどの広告クリエイティブ改善に関して伺いました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

本ウェビナーについて

日々Web広告を運用している中で、「広告をどのように評価するのか?」を気にされている運用者の方は多いのではないでしょうか。今回は、「Google 広告 プラチナプロダクトエキスパート」であるacssemble代表の新田 真隆氏をお呼びして、広告クリエイティブ改善に関しての質問にお答えいただきます。

本編では、A/Bテストや、良し悪しの評価基準、2021年5月にリリースされたYahoo!広告のレスポンシブ検索広告や動的検索広告なども交えつつ、広告の評価や改善にお悩みをお持ちの広告運用担当者にぜひご覧いただきたい内容となっています。

なお、本ウェビナーはオンデマンド配信版となるため、繰り返しご覧いただくことも可能です。内容は2021年5月収録時点のものとなります。

お申込みフォーム

https://lp.so-tech.co.jp/atomevent9

概要

日時

無期限
※本ウェビナーはオンデマンド配信となります。

料金

無料

開催場所

お申込みフォームにご入力いただいたメールアドレス宛に、動画視聴URLをご送付いたします。

このような方におすすめ

・Web広告代理事業者
・Web広告の運用担当者
・Web広告の運用責任者 など

セッション内容

・ツイートについての質問
・A/Bテストが実施されるべきではない場面でされている
・訴求軸が異なる広告を比較する意味
・間違ったA/Bテストがされる理由
・広告の良し悪しの評価方法
・Yahoo!広告のレスポンシブ検索広告について
・動的検索広告について
・自動生成された広告について
・新田氏の広告の作り方

登壇者

新田 真隆 氏
acssemble代表

豊富な知見を活かした、高度な広告運用代行及びコンサルティングを提供するacssembleの代表。国内唯一のGoogle 広告 プラチナプロダクトエキスパート。

 小芝 翔太
 SO Technologies株式会社
 ATOM事業本部 マーケティング部 部長

前職にて、運用型広告のコンサルタント、営業責任者、広告運用者育成サービスの立ち上げを行う。2020年4月にSO Technologies株式会社に入社し、現在ATOM事業部マーケティング部 部長を務める。

注意事項

・登壇企業の競合にあたる企業のご参加はお断りする場合がございます。
・本申込みフォームにてお預かりした個人情報は、セミナー講演各社からサービスご案内及びサービスに関わるイベントのご案内を差し上げる際に利用させていただく場合がございます。
・お預かりした個人情報は、第三者への提供や委託は致しません。
・その他、個人情報の取り扱いについてはSO Technologies株式会社のプライバシーポリシーをご覧ください。

 SO Technologies株式会社プライバシーポリシーはこちら

以上の内容に同意いただき、お客様情報記入の上お申込みください。

お問い合わせ先

SO Technologies株式会社
ATOM事業本部 セミナー運営担当者

https://www.atom.tools/contact/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]