過剰な丁寧さは読む気を奪う

今回は、営業メールにおける丁寧さについて解説します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

お客さまが上で、営業者は下という意識を持っている人がいます。その考えでメールを書くと、過剰に丁寧なメールが生まれます。慇懃無礼という言葉があるとおり、丁寧すぎてかえって無礼になることや、丁寧なようで実は無礼なこともあり、本心として伝わらなくなります。そこで今回は、営業メールにおける丁寧さについて解説します。

詳しい内容は以下からご確認いただけます。

過剰な丁寧さは読む気を奪う

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドロップシッピング
商品の在庫や仕入れなしに消費者から注文を受け、メーカーやドロップシッピング専門事 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]