2021年WEBデザイントレンド予測

今回は2020年のデザイントレンドを振り返ると共に、2021年のデザイントレンドを見てみましょう。 ただトレンドを見ていくのではなく、なぜそのデザインがトレンドになるのか・なぜ取り入れた方が良いかも合わせて考えていきます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Webサイトは2~3年に一度、リニューアルを検討すべきと言われています。

もちろん、ユーザーニーズの変化や新しい技術の登場などもリニューアルを検討する要因ですが、大きな要因にデザイントレンドの変化があります。

デザイントレンドは2~3年で移り変わると言われています。ただ見た目のトレンドが変わるのではなく、UI/UXを改善するためにトレンドが生まれます。

つまりサイトを長期間リニューアルしていないということは、古臭い印象を与えるだけでなく、新しいデザインを取り入れた競合サイトと比べて、「使いづらい」「情報がわかりにくい」という印象を与えてしまうことになります。

>> 2021年Webデザイントレンド予測を見る

デザイントレンドが移りゆく理由

デザイントレンドを取り入れる前に、なぜそのトレンドが生まれたのかを認識しておきましょう。デザインを新しくするのは、Webサイト本来の役割を果たすためです。ただ新しければ良いというわけではありません。

いろいろなトレンドがありますが、何を取り入れるのか判断するために「トレンドが生まれた理由」を知っておく必要があります。

そもそもなぜデザイントレンドが変わっていくのか、大きく3つの理由があります。

>> 2021年Webデザイントレンド予測を見る

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]