初めてのTik Tok広告|特性や種類・マーケティング効果を知ろう

Web広告の出稿をしている方で、TikTokの広告を出稿した経験がある方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。おそらくあまり多くはないでしょう。今回はそんなTikTok広告を出稿することについて、特性や種類について解説いたします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

TikTokについて

TikTokはInstagramやTwitterなどの主要SNSに比べれば利用者数は少ないかもしれません。ですが利用者数は少なくても、10~20代の若者を中心に絶大な人気を誇るアプリであり、高いマーケティング効果を見込みことのできるプラットフォームと言えます。

そもそもTikTokとはどんなアプリかご存じでしょうか。

TikTokは既存の音楽やオリジナルの特徴的な音源に合わせて、15秒から1分程度の短い動画を作成して投稿するスマートフォン向けアプリです。

話題のアーティストの曲に合わせて歌ったり踊ったりといった動画が投稿出来たりTikTokオリジナルの音源を使用した動画が話題になったりと、近年注目を集めています。

TikTokは2018年前期に最もダウンロードされたアプリとして注目を集めており、日本だけでなく世界150ヵ国以上でダウンロードされているアプリです。勢いがあるため、FacebookyaYouTubeにも勝るとも劣らないアプリと言えます。

>> TikTokの利用率やユーザー割合はこちらから

TikTokの広告種類について

TikTok広告には3種類あります。

1つ目は「起動画面広告」というアプリを起動したときに表示される広告。アプリを登録しているユーザー全員に表示される広告なので、拡散力が高く知名度向上やブランディングに適した広告として人気です。

2つ目は「#チャレンジ広告」。他のSNSでも活用されることの多い#(ハッシュタグ)を使用する広告です。ハッシュタグを企業側で設定し、そのタグを使用して動画を投稿してもらいます。広告感がなくユーザーに自然な形で広告宣伝ができるのが大きなメリットです。

3つ目は「インフィード広告」です。TikTokのおすすめ投稿ページに表示される広告で表示される時間が9~15秒と比較的眺めで、ユーザーにも認知が広がりやすいというメリットがあります。

>> 詳しく特徴や費用感を知りたい方はこちらから

TikTok広告の成功事例

「Grab」では先述した3つの広告種類それぞれの成功事例を紹介しています。少しでもTikTok広告に興味がある方や、新しいプラットフォームでの広告出稿をお考えの方は、参考になるかと思います。一度成功事例をご覧ください。

>>「Grab」で成功事例を読む

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]