TikTok活用の第一歩!TikTok For Businessの登録手順

企業の戦略とSNSマーケティングは、切っても切れない関係になっている現代。そんな中、若い世代に流行している話題の「TikTok」というSNSをご存じでしょうか?「TikTok」とは15秒から最大で60秒程度の動画を作成し、公開する事が出来るショートムービープラットフォームです。日本国内では、950万人以上が活用しており、10代~20代の若い世代にリーチを広げたいのであれば最適です。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

TikTokから2020年の7月にセルフサービス型の「TikTok For Business」がリリースされました。今回「Grab」では「TikTok For Business」について紹介いたします。

TikTok For Businessとは?

「TikTok For Business」は、自分でアカウントを開設し、TikTokに広告を出稿できるプラットフォームです。

ショートムービーを中心としたSNSアプリ「TikTok」を運営している「ByteDance」が「TikTok Ads」の名前で提供していたサービスメニューを再構築して、新たなマーケティングプラットフォームを立ち上げたのです。

TikTokの成長と与える影響

「TikTok」アプリのダウンロード数は累計で150億を超えています。2018年から急増し、2019年の第二四半期まで世界1位でした。

日本で「TikTok」を活用しているユーザーは国内で950万人、全世界では5億人です。今後もユーザー数は増加していくと予想され、「国内ユーザー数」と「世界ユーザー数」ともに現在の1.5~2倍になると言われています。

TikTokの広告ソリューションについて

続きは「Grab」でお読みくださいませ。

 

>> TikTok活用の第一歩!TikTok For Businessの登録手順

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]