成果の出るFacebook広告クリエイティブの考え方。推奨画像サイズやテキスト量も解説

今回の記事では、Facebook 広告の画像サイズやテキスト量の制限一覧化しました。Facebook 広告をこれから配信する方、既に配信していてブラッシュアップしていきたい方はぜひ参考にしてみてください!広告入稿もユーザー目線を忘れずに、広告の見え方を確認するのも運用者として重要です。その点も踏まえた広告作成のポイントもお伝えいたします。

Facebook 広告をこれから配信する方、もしくは既に配信していてブラッシュアップしていきたい方に向けて、Facebook 広告の画像サイズやテキスト量の制限といったものを一覧にしてみました。

広告入稿時にエラーがでないように万全の準備をして配信に備えましょう。また、広告入稿もユーザー目線を忘れずに、広告の見え方を確認するのも運用者として重要です。その点も踏まえて広告作成に努めてみましょう。

Facebook 広告の画像サイズと推奨文字数

Facebook 広告で使用される画像サイズやテキスト要素などを表にまとめました。この記事では表だけで分かりづらい箇所を実例を用いて解説していきます。

配置面は自動配置が推奨されていますが、場合によっては Facebook フィード、Instagram フィード、Instagram ストーリーズ、Instagram 発見タブでも良いでしょう。

(※表は記事内でご確認いただけます。)

広告で使用する文字数に関しては、Google 広告、Yahoo!広告では文字数の制限がありますが Instagram 広告を含む Facebook 広告では文字数の制限はありません。

しかし推奨する文字数があり、その文字数をオーバーするとデバイスや設定、配置面などにより表示されないテキストがあります。以下は Facebook 公式が発表している推奨文字数です。

  • メインテキスト:125文字以内
  • 見出し:25文字以内
  • 説明:30文字以内

一部例外がありますがユーザーへ伝わる広告を作るために、基本的にはこの文字数を守ることを心がけましょう。

各構成要素の詳細解説

上記の表には記載しきれなかったポイントがあるので、ビジュアル要素・テキスト要素・その他という3つに分けて詳細を解説していきます。

記事の続きはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]