BtoB業界におけるコンテンツマーケティング

商品やサービスの購入を考える場合、BtoCよりBtoBの方が購入までの情報収集の時間が長いとされています。詳細な情報や実際に使用した口コミ、販売階差yの実績等を検索してチェックしてから比較に入るなど、情報収集にかなりの時間を費やすことが多いです。最近ではBtoBに「コンテンツマーケティング」を活用するのが人気となっています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

BtoBに活用できる施策として人気が高まっている「コンテンツマーケティング」。

コンテンツマーケティング施策の一環としてオウンドメディアで記事コンテンツを提供している企業と見たことはあるでしょうか。きっと大多数の人が知らず知らずのうちに目にしていると思います。オウンドメディアは今ではかなり一般的な施策になっているため、多くの企業が取り入れています。

しかしコンテンツマーケティングを取り入れてはいるものの、効果を引き出して成果を実感している企業はあまり多くありません。そこで今回「Grab」ではBtoB業界におけるコンテンツマーケティングに着目して、記事にいたしました。

BtoB業界には「情報」が必要

今ではほとんどの方が情報収集にインターネットを使用しています。それに伴い、ネット上にはたくさんの情報が集まり、必要な情報を取捨選択するスキルが必要な時代です。

多くのビジネスパーソンは、情報を取捨選択するスキルが高まり、自分にとって必要な情報をうまく集められるように成長しています。

BtoBビジネスにおいて、買い手側の約57%が意思決定を営業との接触前に済ませるというデータがあります。このデータから読み取れることは、営業担当と接触する前にある程度必要な情報を集めているということです。

つまり、営業が飛び込み営業で課題を聞き出して解決策を提案するスタイルよりも、ユーザー自身が自分で情報を集めることを踏まえたうえで、コンテンツを作成することが重要なのです。

続きは「Grab」でご一読くださいませ。コンテンツマーケティングを成功させるコツや、成功事例をピックアップしております。

BtoB業界におけるコンテンツマーケティング

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]