BtoB企業こそ、クロスデバイスへの戦術立案が重要

よろしければこちらもご覧ください

アクセス解析の大きな弱点の一つが、”カウントの単位が端末である” ということです。
インターネットアクセスの大半が、PCだけであった頃はこれで問題なかったのですが、現在はそうでないため、”1訪問者≒1人” の乖離が大きくなってしまっています。

BtoCやCtoCの商材を扱う企業は、スマホ偏重、Webサイトよりもアプリまで踏み込んでしのぎを削っている時代です。ですが、BtoB企業にはまだスマホは早いと思っておられるのであれば、「別にそんなに言うほど早くないですよ、もう。」と申し上げたい。
『スマホは直帰率高いから』を冠詞にしたPC偏重主義は、先細りします。もはや、BtoB企業でさえもこの考え方は危険です。と申しますか、BtoB企業こそ、この考えを持つべきではありません。

スマホデバイスの訪問者が直帰するのも、コンバージョンしないのも当然です。なぜなら...

 

▼続きはこちら▼
https://access-r.jp/access_report_blog/189/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]