「裁判の判決文」を使って論理的思考能力を鍛える方法。【マーケティング担当者必見!】

「裁判の判決文」を使って論理的思考能力を鍛える方法。【マーケティング担当者必見!】
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

論理的思考能力を鍛えたいと考えているマーケティング担当者は多いと思う。それもそのはず、論理的思考能力はマーケティング業務を遂行する上で非常に大切な能力の1つだからだ。

マーケティングの仕事は、一人では何もできない。そのため、多くの人を巻き込んで初めて実行に移せるものだ。その巻き込む人の中には、会社の財布を握っている人もいれば、デザインという感覚的な制作に関わる人まで様々な人がいる。そんな色々な考え方と感性を持っている専門家たちを動かし、行きたい方向に会社を向かわせるのがマーケティングの醍醐味の1つでもある。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

顧客生涯価値
企業と顧客が継続的に取引をすることによって、顧客が企業にもたらす価値(利益)を指 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]