メーカーのマーケティングオートメーション成功事例【4選】

マーケティングオートメーションの導入が広がっています。データを元に顧客を捉え、半自動化された状態で施策を展開する。今後のマーケティングの定番になるでしょう
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティングオートメーション(MA)が日本でも年々普及しているなか、自社でも導入を検討している会社も増えているでしょう。ツールを選定するにあたり、製品ごとの機能比較だけでなく、実際に導入している企業がどのようにツールを活用しているのかを知ることは、自社での利用イメージを描くのに役立ちます。

そこで本記事では、MAを導入した企業の背景や導入前の課題、MAによりどのように業務が改善されたのかなど、各社の事例を業種別に紹介します。1回目は、製造業における事例ついてとりあげます。

業界別MA事例紹介~メーカー編~

  • スズキオート・サウスアフリカ(HubSpot)
  • 株式会社日立ハイテクノロジーズ(Pardot)
  • 三光製作株式会社(Kairos3)
  • カシオ(HubSpot)

従来のように良い製品を作っていれば売れるという時代ではなくなったといわれる現在、いかに早くニーズのある見込客を見つけ出し、製品の良さを伝えるかということが重要になっています。そのために、MAのようなデジタルツールは今後も重要な役割を担っていくでしょう。今回は製造業の事例を紹介しましたが、業種が近い企業や同様の課題をお持ちの場合、MAが解決の手段となるかもしれません。自社の導入を検討している方は、是非参考にしていただければと思います。

 

詳細はこちら

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]