Instagram広告の海外事例5選-ブランディングに成功した企業

Instagram広告の事例は日本ではまだ多くありません。しかし海外には、シンプルで考えつくされた優れた事例が数多くあります。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

今回の記事では、Instagram広告の海外事例を紹介します。
Instagramは特にミレニアル世代や女性の使用率が高く、ビジュアルを用いたブランド広告やキャンペーン告知に適している媒体です。

今回はRALPH LAUREN、GAP、MICHAEL KORS、VOLVO、Tropicanaといった「海外ブランド」の事例を紹介します。
海外ブランドの広告は、日本の広告と比較してメッセージが非常にシンプルである事が特徴的です。メッセージがシンプルな一方、ビジュアルは非常にユニークで目を引くクリエイティブが用いられています。
自社のInstagram広告出稿や広告クリエイティブを検討する際に是非参考にしてみて下さい。

Instagram広告の海外事例5選

  • RALPH LAUREN―50周年記念にミレニアル世代のブランド認知拡大、特定のラインの販売促進(RALPH LAUREN)
  • GAP―Logo Remixコレクションキャンペーンの認知拡大(GAP)
  • MICHAEL KORS ―新商品ローンチに合わせたストーリーズ広告によるブランド好意獲得(MICHAEL KORS)
  • VOLVO―Instagram上で試乗体験を提供したVOLVO「XC60」のフィード動画広告(VOLVO)
  • Tropicana―季節限定のストーリーズ広告により広告想起、ブランド購入意向の拡大(Tropicana)

もともと英語圏の広告は、ネイティブスピーカー以外にもリーチするため、シンプルなメッセージが好まれます。
その分、クリエイティブにこだわるため、ビジュアル重視のInstagramと相性のいい広告事例が多くあります。

続きはこちらから

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]