不動産業界のマーケティングオートメーション(MA)事例【4選】

業界業種別にMAの活用事例を集めるこの企画。今回は「不動産」です。ライフライクルに深く入り込み、施策のタイミングが成否を決める業種です。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティングオートメーション(MA)の利用が日本でも年々進んでいるなか、導入を検討している会社も増えているでしょう。ツールを選定するにあたり、製品ごとの機能比較だけでなく、実際に利用している企業がどのようにツールを活用しているのかなど、導入事例も自社での利用イメージを描くのに役立ちます。

そこで本記事では、実際にMAを導入した企業の導入背景や課題、MAによりどのように業務が改善したのかについて、各社の事例を業種別に紹介します。今回とりあげるテーマは不動産業界です。

業界別MA事例紹介~不動産編~

  • ソニー不動産株式会社(Pardot)
  • 日本エスリード株式会社(Marketo)
  • 株式会社Standard(Kairos)
  • 株式会社東栄住宅(Satori)

各事例の詳細はWebマーケティングメディア「Grab」をご覧ください。

不動産業界といっても、マンションや戸建て、賃貸や売買・仲介など、企業により扱うサービスはさまざまですが、いずれの場合も、購買検討期間が長く、見込み客への興味喚起や信頼構築は重要であるという点は共通しています。このようなサービスを扱う企業にとって、パーソナライズなメッセージやタイムリーな対応により、見込み客との関係維持を可能にするMAは向いていると考えられます。
デジタル施策に馴染みのない企業でも、他社より先んじて着手することで自社にあったノウハウを構築することができ、売上を改善するための心強い武器になるかもしれません。

各事例の詳細はWebマーケティングメディア「Grab」をご覧ください。
 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]