【事例紹介】LINE公式アカウントの活用事例7選-アパレル・飲食・コスメ・ECなど

コミュニケーション、ニュース、ゲーム、音楽、支払いなど、LINEは日本人の生活に深く入り込んでいます。そんなLINEを最大限活用した企業事例を7つ紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

近年、SNSのビジネス活用が話題になっています。

これまで様々な観点から活用事例を取り上げてきましたが、今回のテーマは「LINE公式アカウント」です。

LINEは、コミュニケーションツールとして始まり、ゲーム、音楽、ニュース、漫画、そして支払いまで、日本人の生活になくてはならないものになりました。

今やほとんどの消費者にとって、最も身近なコミュニケーションツールはLINEでしょう。
当然、LINEをうまく活用できた企業は売上を大きく伸ばしています。

今回は、そんなLINE公式アカウントの活用事例を7つ紹介します。

  • 鉄板バル bloom:LINEチャット導入により売上が30%~40%アップ
  • アインズ&トルペ 新宿東口店:LINE公式アカウント導入後開封率が10〜20倍に
  • VINTORTE(ヴァントルテ):LINE公式アカウント経由での売上が13%超アップ
  • relux:LINE公式アカウントを導入しメールに比べて成約率が3〜5倍にアップ
  • いちょう通りランゲージ:LINE公式アカウント導入により業務効率がアップ
  • 京葉銀行:LINE公式アカウント経由でサービスの登録者数が4倍に
  • チチカカ:キャンペーン時のオンラインショップ総売上の約30%がアカウント経由に

各事例の詳細は、WEBマーケティングメディア「Grab」をご覧ください

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フォーカスグループ
マーケティング調査手法の1つ。 市場セグメントを代表する人を会議室などに複 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]