マーケティング理論を活用する順番を意識しよう。

マーケティング理論を活用する順番を意識しよう。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティングについて学ぶ人が増えた。マーケティング職種でなくても経営、営業などさまざまな職種においてもマーケティングの知見は役に立つという認識が強くなったことも一因なのかもしれない。また、日本企業の弱点がマーケティングにあると言われていることもあるかもしれない。

実際、マーケティングに関する本は非常によく売れているようだ。本当に多くの人がマーケティングについて勉強するようになった。

しかし、マーケティングを実践している人からすれば、本を読むことは無駄ではないにしても役に立ったと感じられることは少ない。それもそのはずで、マーケティングの教科書に載っているのは、一般化されたものであったり、その企業が置かれた独特の条件下でのみ効果を発揮するようなものだからだ。そのまま自社に適用したところで、有効に効果を発揮することは少ない。そのため、実務家ほど本に書かれていることは、そんなに役に立たないと言うのである。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]