誤った情報の吸収はマーケティングの発想力を台無しにする。

誤った情報の吸収はマーケティングの発想力を台無しにする。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

近年、多くのツールベンダーから「見える化」するためのクラウド製品が販売されている。これまで見えていなかったことを見えるようにすることで、やるべきことが見えてくるというふれ込みだ。例えば、営業であればパイプラインの状況を数値で簡単に見える化することで、問題箇所やどこでスタックする傾向があるのかを発見できたり、失注案件から失注の原因を特定し、営業改善に活用するなどである。これらのツールを上手く使いこなせば、きっと良い結果を得ることが出来ると思わせるものである。

しかし、当然であるがこれらツールによって色んな情報を知ることが出来るようになったとしても、そもそもの課題解決に繋がらなければ、意味がないことは言うまでもないだろう。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]