ASTERIA WarpがLINEBotに!?~LINE@につないでみた~

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連携デモ。今回は、ASTERIA Warpと皆さんご存じLINEとの連携に挑戦します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

みなさん、こんにちは。
アステリアのキクチです。

最近、続々と追加されているアダプターに、またまた新入りが登場! ということで、おなじみ、キクチの出番ですねw

先日は多くの企業で利用されているチャットサービスのSlackアダプターをご紹介しましたが、 (参考:Slackにつないでメッセージをらくらくポスト!~Slackアダプターを使ってみた~) 今回追加されたのは、皆さんも良くご存知の「LINE」!

ついにASTERIA Warp はLINEともつながるようになったんですね。 

追加されたコンポーネントは2つ

LINEPushLINEPushコンポーネント
ユーザー、グループ、またはトークルームにプッシュメッセージを送信します。
LINEReplyLINEReplyコンポーネント
ユーザー、グループ、またはトークルームからのイベントに対して応答メッセージを送信します。

さっそく試してみよう! 
と思ったのですが、ASTERIA Warpサーバーの設定など、事前準備に結構時間を取られてしまいました。 

LINEと連携するためにはhttpsで通信を行う必要があり、まずはASTERIA Warpサーバーをhttpsに対応させておかなくてはいけません。 
この設定の前提としてSSL証明書が必要になりますのでご注意ください。

さらに、通信相手のLINE側にも設定が必要らしく。。。
今回はLINE@にアカウントを作成してASTERIA Warpと通信が行えるようにしてみようと思います。

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.asteria.com/jp/warp/blog/20181205/35386.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]