マーケティング・営業データこそ”つないで”活かす—10企業の事例からわかるデータ活用術

Infoteriaでは各製品ホワイトペーパー、解説書、講演資料などをご提供しています。今回は、散財した営業・マーケティングデータの各企業の活用事例をご紹介。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

SFA/CRMの導入、マーケティングオートメーション、kintoneなどのクラウド活用、ECサイトへの出店、データ分析ツールの導入など、新たなサービスの活用を個別に促進していくと、営業、マーケティングデータは散在していきます。

そんな散在したデータを連携・集約することで、大きなビジネス効果をもたらした先進企業10社の実事例をご紹介してまいります。

  1. マーケティングオートメーションの実現
    社内に散在する営業情報をMAツールに集約しナーチャリング
  2. ECビジネスのスケールアップ
    ビジネス変化に即応し、ECビジネスを活性化
  3. 高品質・高レスポンスなサービスの維持・拡充
    トラフィック量に依存しない安定したサービス提供の仕組み
  4. 受発注業務の自動化
    ビジネスのボトルネックを生まない仕組みづくり
  5. 分析レポートの生成
    PDCAサイクルを迅速に回しビジネスを改善

▼ダウンロードはこちらのサイトから
https://www.infoteria.com/jp/contact/warp/wp_warp_sales_mktg_case/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]