MDMプロジェクト実践ガイド ~MDM(マスターデータ管理)プロジェクト始動!成功に導く最適解を徹底解説~ <ホワイトペーパー>

Infoteriaでは各製品ホワイトペーパー、解説書、講演資料などをご提供しています。今回は、MDMを成功に導く為の取り組み方法をご紹介。
よろしければこちらもご覧ください

MDM(Master Data Management)という言葉を耳にするようになってから10年余り、現在ではデータマネージメントを主としたコンソーシアムも立ち上がり、複数の研究会が設立され、各種MDM関連のレポートも閲覧が可能です。またMDMプロジェクトの成功事例、関連ソリューションも多数紹介され、MDMに関心のあるお客様は様々な情報を得る事が出来るようになりました。MDM(Master Data Management)が『企業のマスターデータ管理の手法であり、ソフトウェアを指す』ことは本書をご覧になられている方であればすでにご存じでしょう。

近年、マスターの統合化(コード統一)を検討している企業の多くがMDMシステム構築の先にBI/DWHの導入を視野に入れているということをお聞きします。MDM導入に向けた検討フェーズのデファクトスタンダードになりつつあると言っても過言ではありません。

最近ではRPA、AI、IoTという様々なキーワードも付与され、第四次産業革命に向けたデータの収集・活用が企業の競争力の源泉であること、その重要性はますます高まっています。その点ではマスターデータが企業の根幹、屋台骨となるということは言うまでもなくMDMシステムの整備は不可欠となります。

本書は様々なMDMプロジェクトで得た経験を元に、そのプロジェクトを成功に導く為の取り組み方法について記載致しました。皆様のMDMプロジェクトを円滑に進める為の一助になれば幸いです。

MDMプロジェクト開始!その前に理解しておくべきこと

  1. MDM のコンセプトを理解する
  2. MDMにも存在する“個別最適と全体最適“の概念
  3. プロジェクトを俯瞰的に見たMDMの要件

MDMプロジェクトを失敗させない!やりきる為の5つのポイント
~MDMプロジェクトの実態に迫る~

  1. MDMコンセプトを理解した上で対象マスターと範囲を決定する
  2. MDMプロジェクトの内容でスタートの位置が違う
  3. マスターには2つの管理主体がある(個別管理or共通管理)
  4. データモデルによって異なる管理ポイント
  5. プロジェクトにおける必要不可欠な視点

▼ダウンロードはこちらのサイトから
https://www.infoteria.com/jp/contact/mdm/wp_mdm_guide_ver01/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]