IoTレポートを自動生成、月30時間の工数を削減し高いROIを実現! [トプコンのデータ連携ツール導入事例]

ASTERIA WARPのプロダクト担当による不定期連載。今回は、株式会社トプコン様の導入事例を紹介。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社トプコンはスマートインフラビジネス、アイケアビジネスを主力事業とする精密機械メーカー。同社では6年前よりスマートインフラビジネスでIoTの利用を開始した。具体的には同社製測量機(工事現場で距離の測定に利用) に通信モジュールを付帯し、エラーログ、稼動履歴、位置情報などを収集している。収集した情報はレポート化し測量機の予防保守などに有効活用されているが、長年にわたるIoTデータ収集・蓄積によりレコード数は”億“単位となり、データ抽出処理が容易にできなくなってきていた。

ASTERIAを導入する事で、億単位にのぼるIoTデータをスケジュールされた時刻にASTERIA WARP Coreが自動抽出・集計・加工。それまで手作業でおこなっていた月70〜80本のExcelレポートの作成、メール配信も完全自動化。ノンプログラミングでレポート作成が可能となり、属人性の排除と月30時間の工数が削減。これにより空いた時間を有効活用することで、品質保証部のサービスレベル向上を実現することに成功した。

今後新たに発生する定型レポートも自動化することで、さらなる工数削減効果を期待しているとのことだ。

▼詳細を読む>>
https://www.infoteria.com/jp/warp/case/w_topcon/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]