クラウド上に散在する営業情報を連携しマーケティングオートメーションを実現! kintoneとMAツールを連携して新たに200案件を創出 [さくらインターネットのデータ連携ツール導入事例]

ASTERIA WARPのプロダクト担当による不定期連載。今回は、さくらインターネット株式会社様の導入事例を紹介。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「さくらのクラウド」で知られるさくらインターネット株式会社はクラウドサービス、レンタルサーバー、VPS(仮想専用サーバー)などの各種インフラサービスを提供する企業。Sansanやkintoneなどのクラウドサービスを積極的に活用する同社では、いくつものクラウド上に営業情報が散在しており、情報の抽出や検索に多大な手間と時間がかかっていた。

ASTERIA WARPによるバッチ連携により、Sansanから名刺情報を一括で取り込んだり、他のDBとkintoneアプリを全件突き合わせ、さらにkintoneアプリ間のデータ連携もASTERIA WARPを使うことで簡単に実現。

その結果、kintoneとMAツールを連携して新たに200案件を創出。
さらに今後は、Tableau Serverと連携して案件管理、既存顧客情報、売上実績レポートを参照したり、Google Analyticsアダプターを使って連携し、Web改善のPDCAサイクルをより迅速に回していく計画とのことだ。

▼詳細を読む>>
https://www.infoteria.com/jp/warp/case/w_sakura/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーバーチュア
検索連動型広告(PPC広告)の「スポンサードサーチ」やコンテンツ/行動連動型広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]