そのサイト。海外現地では閲覧できていないかもしれません。

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

検索や地図、カレンダーなど、Googleはもはや生活に無くてはならない、という人も多いのではないでしょうか。
サイト制作にも多くのGoogleが提供している技術が使われています。
例えばサイト内の検索、アクセスページに埋め込まれた会社周辺地図などがそうです。
他にも、Googleは商用・非商用を問わずに利用できるWebフォントを公開していたりもします。

ところが、これらの便利な機能が国や地域によっては使えない場合もあります。
例えば、日本とブラジル間など通信距離が遠かったり、インターネットが整備されていない国からのアクセスを想定している場合です。読み込みが時間がかかりすぎるため、使えないケースがあります。

また極端な例では、中国からの閲覧を想定した多言語サイトを作成するケースがあります。
中国の通信には「金盾」と呼ばれるインターネット情報検閲システムがあり、海外のサーバに対するアクセスの制限がされているのです。中国からは、Googleに限らず、Twitter、LINE、Facebook、Instagram、Youtubeといった一般的なSNSは通常利用できません。
また、通信内容を暗号化すると検閲が非常に困難となるためか、中国では暗号化通信(SSL)を許可なく行なうことを規制しています。

SNSのシェアボタンを設置し

▼詳しくはこちら▼

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w003_201708.html

PAK76_chikyuugitobin20130804_TP_V

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

LTV
LTVとは、顧客が企業やブランドと継続的に取引を行うことで、顧客が企業にもたらす ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]