何か変?日本人が見逃してしまうスペルミス~Brakefast at Tiffany’s(ティファニーで朝食を?)~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

映画やミュージカルにもなったこの作品は日本語にも翻訳されました。
邦題は「ティファニーで朝食を」
オリジナルの英語の題名は“Breakfast at Tiffany’s”

主人公のコニーを演じるのはオードリー・ヘップバーン。
彼女がいつの日か「ティファニーで朝食を食べる」身分を夢見てショーウインドウを見上げるシーンは映画では印象的です。
しかし夢を見ながら運転していると、このタイトルのように
”Brakefast at Tiffany’s”(ティファニーでは急いでブレーキを)
の意味になってしまいますので要注意。

今回のテーマは、見つけづらいスペルミスです。
このタイトルにあるような笑えないスペルミスを経験した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

翻訳された英文の校正をする際に、多くの翻訳会社ではWordのスペルチェック機能が使用されています。
そして、このスペルチェックが完全でないことに気づかれている方も多いのも事実です。
英単語として間違っていない限りチェック機能が働かないためです。
代表的な例としては、“from”と“form”があります。どちらも辞書には存在するので見逃してしまうのです。

タイトルで書いた“Brake”は「ブレーキ」の意味。RとLの発音の違いが苦手な日本人には、
“Bleak”(荒涼とした)“Blake”(人名William Blake等)とも間違うかもしれません。
英語としては意味が全く違いますので明確に違う言葉なのですが、形は似ていますので、
“Break, Bleak, Brake, Blake”と並べると日本人としては迷ってしまいます。
また、ファーストというカタカナ読みが一緒なので、“fast”と“first”も、一緒にしてしまうかもしれません。(上記は英語の発音は違います)

私たちは普段、漢字を使用しますのでそれぞれの漢字の意味は理解しています。「白」と「自」と「百」は違う漢字で間違う人はいません。
それなのに英語に自信のある日本人担当者の仕事でもスペルミスは散見されます。

シトラスジャパンでは、こうした恥ずかしいミスを公開してしまわないように、プロのネイティブライターが最終ファイルを校閲しています。

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201707.html

この記事が役に立ったらシェア!
tweet4はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]