海外で好まれるWebサイトデザインの検証~文字が多い日本、シンプルなアメリカ~

よろしければこちらもご覧ください

 

国ごとにさまざまな文化があるように、Webサイトのデザインも日本と海外では好まれるデザインが違います。海外展開をしている日本の企業や、日本に進出している外国の企業はどういったサイトを作っているのでしょうか。日本とアメリカを例に挙げ、デザインにどんな違いがあるのか、いくつかピックアップして比較してみました。

<Yahoo!>
日本
とにかく文字が多く、画像を最小限にとどめているデザイン。文字リンクが所狭しと並んだデザインは昔から変わっていません。
オークションやペイメントサービスなど、提供するサービスが多いのも、情報量が多い一因となっていそうです。
アメリカ
同じ企業とは思えないほど、まったく別のサイトのようです。日本にはYahoo!の現地法人があるため、海外のYahoo!とは違った進化をとげてきたのでしょう。TOPぺージはニュースがメインで、日本版と違い、各サービスにはページ上部のナビからアクセスできます。
    
11 12

 

<ゴディバ>
日本
コンテンツの幅が狭く、コンパクトにまとまっていますが、画像に対して文字の量が多いため、やはりファーストビューでの情報量を重視しているように見えます。定番アイテムより、キャンペーンや季節のアイテムへのアクセスがしやすいですね。

 【アメリカ
写真を全面に押し出し、商品の魅力を感覚的にとらえることができるデザインです。
商品紹介ページはシンプルなつくりですが、フォントのおかげでさらにスタイリッシュになっています。

1 2

 

<スターバックス>

日本
最近すっかり珍しくなってしまった、

▼詳しくはこちら▼

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w006_201707.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]