Twitterをポジネガ分析してみた

ASTERIA WARPのプロダクト担当による不定期の連携デモ。今回は、Twitterのつぶやきをポジティブ、ネガティブ分析してみます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

よくありがち?な、つぶやきを分析してポジティブ、ネガティブ分析をしてみようと思います。
 
 今回のつなぎ先は、当然ですがTwitterです。キーワード検索してその結果を分析します。ASTERIAで作ってしまえばいいじゃないか!ということで、早速作ってみました!

ポジ・ネガ分析ですが、APIで提供しているところを探して、メタデータ株式会社にたどり着きました。+3.0から-3.0までの7段階で評価してくれるようです。

最後に返ってきた結果をグラフにします。 
こちらは様々なソリューションがありますが、今回はGoogle ChartのBar chart を利用します。

作成するフローは大きくは2つ。
1つ目はTwitterからデータ取得してポジネガ分析し、結果をファイルに保存するフローです。

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.infoteria.com/jp/warp/blog/asteria-warp/11520.html

 

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]