Slackとタスク管理ツール「Jooto」が連携できる!これで仕事がもっと捗る?!

Jootoを更新すると、Slackに通知が届くという仕組み。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

色んなツールを使いすぎてるWeb担当者に

Eメール、LINE、Facebook、Chatwork、Skype、、おそらくWeb担当者のほぼすべての方が、このようにマルチプラットフォームでチーム内外のコミュニケーションを取っていると思います。コレに加えてプロジェクト管理ツールを使っている人は、もうアッチコッチ見ないといけない訳ですが、SlackとJootoをうまく使えば、もうちょっとシンプル化できるかもしれません。

SlackとJootoをまず統合する

コミュニケーションツール「Slack」ですが、その素晴らしいUI体験から、いま急成長しています。Evernoteや、Trelloとも連携出来るようになってるのですが、日本のサービスは連携出来るツールがまだ少ないようです。Jooto(http://www.jooto.com/)は日本語・英語に対応しているカンバン方式のタスク・プロジェクト管理ツールです。この2つを統合すると、Jootoを更新した時に、Slackのチャットに通知が届くようになり、2つの間のツールを、よりシームレスに移動できるようになります。

詳しい連携のやりかた

詳しい方法はここで解説しています。(http://www.jooto.com/slack/)。Jooto側でどのアクションが、Slackに通知されるかのトリガー設定ができますが、すべてのアクションにチェックを入れてしまうと、おそらく煩わしいと思うので、ご自分に合うように設定してみてはどうでしょうか。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]