Google検索で表示され始めた著者写真(Joomla CMSでの設定実験事例)

Joomla CMSでGoogle +の著者情報設定がうまく検索サイトに反映されるかを実験。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Google検索で表示されるページ著者写真

Google +で登録をして著者情報設定を行う。Joomla CMS側でもこれに対応する設定をする。

ただ、

Joomla CMS側の設定が今イチ上手くいかないのだが、こちらの画像のようにGoogle検索で表示されている。

これをやったからといって検索表示順位が極端に上位に上がったということは感じていない。なぜか、順位が下がったような・・・・?別の要因か、上下の並なのか。まあ、そんなことは今は問題ないとして・・・

検索サイトで自分が書いたページに自分の顔が出るということは、このページ情報は私が書いたものです。書いた内容の責任は、私にありますよ!と宣言しているようなものである。

パーソナルブランディングの用途で効果的

法人サイトやアフィリエイトサイトなどでは、自分の顔を出す人はいないだろう。意味が無いから。多くのホームページユーザーは、自分の顔を検索されたページに出したいとは思っていないはずだ。

そのため、ごく一部の方々(SEO関連)がこの設定をホームページに適用している。

コンテンツマーケティングを実践するユーザーは、多分、自分が言っていることに責任を持つという意味合いでGoogle +の著者情報設定を行うことになるだろう。信頼性を高め、信用を得るためにこのページの責任は、私にありますと言わざるをえない。

コンテンツマーケティングの雑学

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]