アクセスする端末に自動対応するページ作成エディター JCE (Joomla CMS)

マルチ端末で使えるJoomla JCEエディター
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Joomla CMSはサイトにアクセスする端末に自動対応するページ作成エディターを搭載できる

Joomla CMSは、表サイトでログインすればページ作成、修正、非公開、公開、ページ移動などが標準で出来る。

通常は、管理画面にログインして行うページ作成作業を行なうのであるが、管理画面に入れさせたくない外部のライターに対して提供するページ作成機能である。

スマートフォン、タブレット、PCなどのマルチ端末でページ作成を行なう時に最適なエディター機能を提供することで利便性を高めることが出来る。

標準で提供されているページ作成エディターはTinyMCEというものであるが、JCEというエディターエクステンションを導入するとアクセスする端末に合わせて自動的にエディター機能を調整できる。

さらに、

特定のユーザーだけのカスタマイズしたエディター機能も設定が出来る。カスタマイズした設定というのは、JCEが提供する機能を間引いて行なう。

JCEエディターの画面表示サンプルと説明

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]