CMSサイトをドキュメント管理システムとして使う

CMSサイトをドキュメント管理システムとして使えたら?
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CMSサイトをドキュメント管理システムとして使えたら?

多くの会員を抱えた団体、協会、学会、法人などでは、メンバー会員に対し随時PDF資料、Word資料、プレゼン資料などのデータやドキュメントを配信する場合が多い。

そのために専用システムを構築して行う場合や手でページにリンク付けしてダウンロードさせる方法など多岐にわたっている。

ドキュメント管理システムだけを求める場合は、色々なツールが有るが、多くの団体はついでにホームページでの情報発信もしたいと漏らす。

そんな要望がすぐに叶えられるCMSがある。Joomla(ジュームラ)CMSを使えば、サイトをドキュメント管理システムとして使うだけでなく通常のホームページシステムとしても使える。

当社のサイトは、 Joomlaのエクステンションの日本語化をしている。そのデータファイルのダウンロードをJoomlaの中の機能で行なっている。

ドキュメント管理システムの機能として、ドキュメントのアップロードとダウンロード、それにまつわる権限や閲覧設定、データのアップデート、ドキュメントの説明などが中心になる。

現在、Joomlaはversion 2.5が現行バージョンである。来年には、version 3.5がリリースされる。

もし、ドキュメント管理システムとしてホームページを制作するならばJoomla CMSを一つの候補として検討しても無駄ではない。

Joomlaについて相談を受け付けている。お悩みの団体が有りましたら、

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]