名古屋鉄道がAIデジタルサイネージで「カウントダウンQRコード」のクーポンを検証

スタートアップ2社と実証実験、動画広告で使用回数を制限できるQRコードを放映

名古屋鉄道は、スタートアップのオプティメースが提供する人工知能(AI)によるデジタルサイネージ(電子看板)分析技術と、米国C1X(シーワンエックス)が提供する使用回数制限が可能な「カウントダウンQRコード」で人流創出の実証実験を行う、と1月11日に発表した。サイネージに取り付けた独自AIと連動するカメラで、サイネージの前を通った人とサイネージを見た人の数、性別・年代等の属性を推定し、統計処理して効果を検証する。

放映イメージ

オープンイノベーションを推進する名鉄オープンイノベーションLabの活動の一環。実験は1月16日から2月29日まで。瀬戸線栄町駅と大曽根駅(名古屋市東区)にAIデジタルサイネージを置き、名鉄プロパティマネジメントが運営する高架下商業施設「SAKUMACHI商店街」のカウントダウンQRコードを含んだプロモーション動画を放映する。広告の効果や、QRコードでクーポンを取得した人が実際に商店街へ来訪するかを検証する。

C1Xが発明したカウントダウンQRコードは、これまでの静的なQRコードと異なり使用できる回数をリアルタイムに管理する機能を実装している。クーポン発行者は上限を設定した回数限定クーポンを発行でき、発行枚数を最適に管理できる。利用者や通行人には回数制限によって希少性が生まれ、カウントダウンQRコードを探してクーポンを取得し、実際に使用するインセンティブが高まることから人流や来店の促進が期待できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]