シャープマーケティングジャパンが「デジタルサイネージ視聴分析ソリューション」提供

カメラで取得した情報から視聴者数や性別・年齢を解析、サイネージの効果的な運用を支援

シャープの連結子会社でマーケティングや販売のシャープマーケティングジャパンは、「デジタルサイネージ(電子看板)視聴分析ソリューション」を6月16日から提供を始める、と6月9日に発表した。通行者や視聴者の多い設置場所、時間帯を定量的に把握し、各コンテンツの訴求効果を検証してサイネージの運用効率化と発信力強化に貢献する。

属性解析および利用シーンのイメージ

視聴分析するエンジンには、デジタルサイネージシステムを開発するニューフォリアの「Vision Eye」を採用した。ディスプレイに取り付けたカメラが取得した情報からクラウド上のAI(人工知能)が「通行者数(トラフィック数)」とサイネージの「視聴者数(オーディエンス数)」を計測・集計し、視聴者の性別や年齢を解析する。

 デジタルサイネージ管理者画面(イメージ)

集計と解析結果は、設置場所別や時間帯別、コンテンツ別に表やグラフで可視化してフィードバックする。視聴者数の多いサイネージやコンテンツのランキングも提供できる。新規設置だけでなく既設のデジタルサイネージにも導入が可能だ。属性解析の際に顔画像のデータを一時的に取得するが、解析後は即時削除する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]