Amazonが模倣品300万点超を差し押さえ、悪質業者の新規アカウント開設を250万件阻止

2021年「Amazonブランドプロテクションレポート」を発刊、模倣品排除の取り組みを紹介

米国Amazonは、2021年の「ブランドプロテクションレポート」日本語版を6月9日公開した。模倣品を販売する悪質業者の新規出品アカウントの開設を阻止した件数は250万以上で、20年の600万以上から減少した。「模倣品犯罪対策チーム(Counterfeit Crimes Unit)」が米国や英国、EU(欧州連合)、中国で提訴、告発した犯罪件数は600件以上で前年比300%増となり、300万点以上の模倣品を突き止めて差し押さえた。

2021年「ブランドプロテクションレポート日本語版

模倣品の差し押さえは、受注から配送の一連業務のAmazonのフルフィルメントネットワークに模倣品を発送する試みを阻み、ブランドオーナーや捜査機関と協力して模倣品業者の倉庫や拠点を発見して閉鎖させたことも含む。模倣品や詐欺など不正から「Amazonストア」を保護するため、21年は9億ドル(1203億円)以上を投資。機械学習のサイエンティストやソフトウェア開発者、専門調査員など1万2000人以上が取り組んだ。

ブランド保護ツールの有効性が向上し、Amazonにブランド登録したオーナーからの有効な権利侵害の報告件数の平均は前年から25%減少した。今年も、①ストアを保護する強力で効果的かつ積極的な対策、②ブランドオーナーと協力してブランドを保護する業界屈指のツール、③悪質業者の責任追及――の3つの戦略に注力する。さらに4つ目の注力分野として、顧客に対して正規品だけを購入すべき理由の啓発と支援も始めている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]