上野駅広小路口に3Dのパンダ登場、大型曲面サイネージ「上野広小路口ビジョン」誕生

JR東日本グループ「Beyond Stations構想」第1弾、3D映像にも適したメディアを開発

JR東日本グループの広告代理店のジェイアール東日本企画(jeki)は、上野駅広小路口駅前広場に大型曲面サイネージ(電子看板)の「上野広小路口ビジョン」を設置して1月24日から放映を始めたと発表した。1932年完成の2代目上野駅舎のファサード(建物正面)横に設置し、高さ5.0m、幅9.5m、曲面角度110度で3D(3次元)映像放映にも適している。

「上野広小路口ビジョン」のイメージ

JR東日本グループの「Beyond Stations構想」に基づくメディア開発第1弾。自社開発の屋外型サイネージでは最大級で初の曲面となる。10分間のロール放映で、上野の象徴でもあるパンダを活用した時報コンテンツを毎時00分に、1分30秒おきにもパンダを活用したオリジナルコンテンツを放映。時報コンテンツはjeki初のコラボ商品として販売する。

毎時登場する時報コンテンツのパンダ 
オリジナルコンテンツのイメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クラスタリング
複数のものをまとめてひとかたまりにすること。 複数のコンピュータを連動させ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]