U35 Creative & Communication Award 2023発表、初開催のクリエイティブアワード

若手の登竜門を目指し、JAA デジタルマーケティング研究機構(DMI)とI.C.E.が開く

日本アドバタイザーズ協会(JAA)のデジタルマーケティング研究機構(DMI)は、デジタルクリエイティブ業界の発展に取り組むInteractive Communication Experts(I.C.E.:アイス)と初開催した35歳以下が対象のクリエイティブアワード「U35 Creative & Communication Award(U35 C&CA)」の受賞者を12月8日に発表した。最優秀賞1点と優秀賞1点を選び、授賞式は12月7日に東京都港区の八芳園で行われた。

挑戦と経験の機会を若手に提供するため、I.C.E.とDMIで企画し、9月19日から11月21日に開催。企画に携わる35歳以下のビジネスパーソンが、コミュニケーション課題を解決するアイデアとクリエイティブを競った。実際の事業に即した課題を睡眠に特化したソリューション事業を展開するブレインスリープが提示し、企画書形式のエントリーと一次審査で選出された5組のファイナリストで最終審査会のプレゼンテーションが行われた。

最優秀賞

  • 高井佑輔(32) パズル、ディレクター/プロデューサー
  • 中村はづき(31) パズル、ディレクター/デザイナー

実際に企画の実行を検討しているため詳細は開示しないが、受賞のポイントは、ブレインスリープの提示した課題や目的に明確に応えうるアイデアだったことと、アイデアの新規性が高く、発想力の高さが他の案に比べて抜きん出ていたこと。課題になっていたブレインスリープの商品を、実際に使ってみたいと思わせ、人が動くイメージが具体的で、昨今の技術トレンドなども踏まえた企画提案となっていた。

パズルの高井佑輔氏(左)と​​​中村はづき氏

優秀賞

  • 森岡日菜子(22) ADKクリエイティブ・ワン、デザイナー
  • 太田亘九(28) ADKマーケティング・ソリューションズ、プランナー

社会課題と生活者意識、競合との比較から絞ったターゲット層へのリーチと、「ブレインスリープ コイン」の価値拡大を訴求するため、睡眠スコアを採用活動に活用する「睡眠採用プロモーション」を提案。PR/広告展開/パブリシティの3軸で具体的性のある広告施策を横断的に設計し、睡眠リテラシーの向上とブレインスリープ コインの利用促進を狙った。斬新なキャッチコピーが入るキービジュアルが話題化を期待させる内容だった。

ADKマーケティング・ソリューションズの太田亘九氏(左)とADKクリエイティブ・ワンの森岡日菜子氏
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]