博報堂と日本テレビのスタートアップ向け支援会社「Spotlight」が公式サイト開設

昨年6月に設立して本格稼働に、次世代基幹産業創出に向けて投資規模を30億円に拡大

博報堂と日本テレビ放送網との合弁会社のSpotlightは、日本テレビ開局70年の8月28日に公式サイトを始めた、と同日発表した。昨年6月に設立したスタートアップのグロース(成長)支援に特化した会社で、「日本から世界を変えるイノベーション・エコシステムを創る」をミッションに掲げている。スタートアップを通じて日本から次世代基幹産業の創出を目指して、さらなる事業の拡大を目指す。

すでに複数のスタートアップを支援している。必要な資金提供だけでなく、コンテンツの共創や経営支援、リブランディングからマス・コミュニケーションまで立体的な統合マーケティングをフルサポートする。スタートアップへの投資規模は約30億円を想定していて、今後スタートアップとの協業・共創をさらに拡大。「スタートアップのNo.1コミュニケーション・パートナー」を目指す。

支援中のスタートアップ企業には、TBM(環境配慮型の素材開発と製品の製造、販売、資源循環を促進する事業)、サウンドファン(聞こえやすい音に変換するテクノロジー「ミライスピーカー」の製造・販売)、絵本ナビ(メディア事業、コマース事業、コンテンツ・ラーニング事業)、エアトランク(Webメディア/コンテンツの開発・運営・管理、宅配型トランクルームの運営)――などがある。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]