大日本印刷が「エレベーターサイネージ」のメディア枠をジェイアール東日本企画に提供

鉄道車両内サイネージ「トレインチャンネル」広告枠と組み合わせた広告パッケージ販売

大日本印刷(DNP)は、マンションのエレベーター内のデジタルサイネージ(電子看板)の広告枠の一部を、JR東日本グループの広告代理店のジェイアール東日本企画(jeki)に提供し、鉄道車両内のデジタルサイネージの広告枠と組み合わせた広告パッケージを8月28日から販売を始める、と発表した。エレベーター内と鉄道車両内のサイネージの広告枠を組み合わせることで、生活者の日常のより多くの場面で広告の訴求効果を高めていく。

エレベーター内(左)と鉄道車両内(右)のデジタルサイネージの広告枠を組み合わせて提供

東京都内のエレベーターサイネージと山手線内の「トレインチャンネル」の広告枠を組み合わせた「東京都内パッケージ」は、エレベーター向けで1カ月に約70万人へのリーチ(情報表示延べユーザー数)を保証する。1都3県(東京・埼玉・千葉・神奈川)のエレベーターサイネージと首都圏全線の「トレインチャンネル」の広告枠を組み合わせた「1都3県パッケージ」は、エレベーター向けで1カ月に約148万人へのリーチを保証する。

12月末まで期間限定特別価格は、東京都内パッケージが400万円(税別)、1都3県パッケージが700万円(同)。DNPは、東芝エレベータと日立ビルシステムと業務提携して全国のマンションやオフィスビルのエレベーター内に2200面超のデジタルサイネージを設置。jekiが車両内で展開するトレインチャンネルは、首都圏のJR主要10路線とゆりかもめの車両でニュースや天気予報を放映して高い注目率を獲得している。生活者の動線に合わせてより効果的に広告を届けられ、広告の接触機会を増やして強い印象を与えることができる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

GTA
(1)グラウンデッド・セオリー・アプローチ(Grounded Theory Ap ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]