ヴァリューズが自社・競合・市場分析「Dockpit」に「カスタムダッシュボード」追加

キーワード・競合・業界の各種分析を組み合わせて業務や目的別のデータ分析が可能に

インターネット行動ログ分析・コンサルティング事業のヴァリューズは、同社が展開する3C(自社・競合・市場)分析ツール「Dockpit(ドックピット)」に「カスタムダッシュボード」機能を加えた、と6月2日発表した。キーワード分析、競合分析、業界分析の各種機能が自由に組み合わせられ、業務や目的別のデータ分析やモニタリングが可能になった。

カスタムダッシュボード機能は、メニューをまたいで指標を組み合わせることで、マーケティング部だけでなく商品開発、経営企画、営業部などでも用途に応じた調査・分析、モニタリングへの活用が可能。指定の分析を選んでドラッグ&ドロップするだけでダッシュボードが作成できる。各グラフのサイズ、位置、順番変更や、指標の入れ替えも容易。

カスタムダッシュボードの例
カスタムダッシュボードの作成画面
目的別の分析テンプレート

Dockpitは、デジタルマーケティングを簡単にするリサーチエンジン。ヴァリューズが保有する国内約250万人の消費者モニター会員のウェブ行動ログデータから3Cが分析できる。ダッシュボードには直感的なUI(ユーザーインターフェイス)を採用。網羅したデータを見ながら手軽に分析が始められるという。スマートフォンでの分析にも対応している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]