LINEが運用型広告「LINE広告」で「LINEオープンチャット」での広告配信を開始

広告掲載場所をトークルーム上部に固定、マーケティング効果の最大化が可能に

LINEは、同社のコミュニケーションアプリ「LINE」とその関連サービスが対象の運用型広告配信プラットフォーム「LINE広告」で、「LINEオープンチャット」での広告配信を新たに始めた、と6月2日発表した。広告を掲載する場所をトークルームの上部に固定し、メッセージの流れを分断しないようにすることで、マーケティング効果が最大化できるという。

LINEオープンチャットは、LINEの「友だち」でなくてもトークや情報交換できるチャットサービス。興味、関心事、年代など共通点があるユーザー同士のコミュニケーションの場になっている。2019年に正式に始め、累計利用者は2200万人にのぼる。LINE広告はトーク上部に掲載するため、ユーザーの利便性を損なうことなく幅広い層にリーチが可能になる。

LINE広告は、動画投稿「LINE VOOM(旧タイムライン)」、ニュース配信「LINE NEWS」や「LINEマンガ」「LINEポイントクラブ」「LINEショッピング」「トークリスト」「LINEウォレット」「LINEチラシ」「LINEクーポン」などLINEの各種サービス上で広告を配信している。広告効果をさらに高めることを目的に今回、LINEオープンチャットでも配信を始めた。

※記事初出の時点で社名に誤りがありました。訂正してお詫びます(編集部 6/5)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]