メルカリがグループ内を横断した「生成AI/LLM専門チーム」設置、活用環境を整備

データセキュリティ、ガバナンス、プライバシー、AI倫理に配慮したガイドラインを策定

フリマアプリ「メルカリ」を展開するメルカリは、生成AI(人工知能)と大規模言語モデル(LLM)を活用した生産性向上やプロダクト実装による課題解決を目的に、メルカリグループ内を横断した「生成AI/LLM専門チーム」を設置した、と5月1日に発表した。専門チームを通じて、まず生成AI・LLMを社内のさまざまな場面やプロダクトに活用していくための環境を整備し、メルカリグループの成長に貢献する成果の創出を目指す。

 

生成AI/LLMによるイノベーションが期待され、グループ内でも多くの用途で活用される可能性が秘められている。その活用にあたっては、メルカリの研究開発組織「mercari R4D」とともに、AI分野における倫理的・法的・社会的課題(Ethical, Legal and Social Issues/ELSI)でこれまで行ってきた研究の知見を生かし、データセキュリティ、ガバナンス、プライバシー、AI倫理などに配慮したガイドラインを策定して実装を進める。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エスノグラフィックリサーチ
民族誌学的アプローチによる調査のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]