インボイス制度、すでに約7割の企業が対応。一方で「導入に不安」の声多数【Sansan調べ】

「適切な対応方法が分からない」の声も。2023年10月の導入に間に合うか?

Sansanは、請求書関連業務に携わる1000名のビジネスパーソンを対象に、「インボイス制度に関する実態調査」を実施した。

インボイス制度の対応は進むも、約7割が「不安を感じる」

インボイス制度への対応状況/電子帳簿保存法の対応状況

まず、インボイス制度への対応状況を聞くと、72.5%が「対応している」と回答した。一方で、電子帳簿保存法に関して「対応している」と答えたのは49.2%にとどまり、インボイス制度の対応が先行している状況が明らかになった。

あなたはインボイス制度の導入に対して、不安を感じていますか

また、インボイス制度の導入に関しては、合計で67.5%が「不安を感じる」と回答しており、前回調査よりも2.6ポイントの増加となった。

あなたがインボイス制度の導入に対して、不安に感じるものをすべて選んでください(複数回答)

不安を感じる理由として最も多かったのは「インボイス制度への適切な対応方法が分からない」。以下「従来の請求書業務より工数が増える」「インボイス制度と電子帳簿保存法を併せて検討しないといけない」と続き、上位三項目は前回調査から変わらない結果となった。

調査概要

  • 【調査方法】オンライン上でのアンケート調査
  • 【調査地域】全国
  • 【調査対象】請求書を取り扱う業務を担当するビジネスパーソン1000名
  • 【調査期間】2023年1月25日~2023年2月3日
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]